CoolBeanWorks.com(クール・ビーン・ワークス・ドット・コム)
- Menu -
サイトマップ
TOP/製品一覧
時間管理
  (タイムマネジメント)
アイデア集
ビジネスコラム
リンク集
CoolBeanWorks
わたぼう詩(方言詩)
TOP > Mameo > サポート > 使いこなしのコツ(使いこなしのコツ)

関連ファイルとして、URLを設定するには。
URLをクリップボードにコピーし、タスクの関連ファイルリストのメニューで貼り付けます。

インデックスに戻る


バックアップをするには。
Mameoのインストールフォルダ全体をバックアップします。プログラムとデータを両方バックアップできます。

インデックスに戻る


OSから再インストールするときは。
(1)Mameoのインストールフォルダ全体をバックアップします。
(2)OSを再インストールします。
(3)(1)でバックアップしたフォルダを復元します。
以上でMameoは復活します。なお、スタートメニューやデスクトップのショートカットは個別に復活させる必要があります。

インデックスに戻る


データフォルダの中身は。
DATA.MTK:Mameoのデータです。
INDEX.MTK:データのインデックス(索引)管理ファイルです。
Config.MTK:動作情報定義ファイルです。
Backup(フォルダ):前回起動時の上記3ファイルを自動バックアップするためのフォルダです。
Temp(フォルダ):一次ファイル格納用フォルダです。

インデックスに戻る


一日限りの休みを簡単に設定するには。
テーブルビューもしくはリストビュー画面で設定します。まず休日にしたい日のセルや行を選択した状態で、右クリックしてください。「休日にする」のメニューが出ますので、メニューを選べば休日に設定することができます。またここで休日の名前も入れることもできます。

インデックスに戻る


一日限りで休みを解除するには。
テーブルビューもしくはリストビュー画面で設定できます。まず出勤になった日のセルや行を選択した状態で、右クリックしてください。「休日を解除する」のメニューが出ますので、メニューを選べば休日を解除することができます。

インデックスに戻る


連絡先のグループ・電話やメールの区分などのポップアップ内容を整理するには。
入力エリアをダブルクリックしてポップアップリストが出たら、消したい要素をカーソルキーで選んでDELキーを押してください。なお、要素を削除してもその要素を使っているアイテムの内容は消えません。

インデックスに戻る


プロジェクトや連絡先のリストにある最終アクセス日の使い方は。
ここをクリックするとアイテムを最後に参照した日時順でソートします。その結果、良く使うものや最近使ったものが自然に前(もしくは後ろ)に来ることになりますので、使いたい物を素早く選択できることになります。(野口悠紀雄氏の超整理法を元にしました)

インデックスに戻る


住所など、連絡先の項目を一括して修正するには。
一括編集の機能があります。まず、変更対象となる連絡先を一覧リストから選択(複数選ぶにはシフトかCTRLを押しながらクリック)し、編集ボタンを押してください。一括編集モードで編集画面が開きます。変更したい項目(例えばこのFAQでは住所)に新しいデータを入力し、OKを押すと選択した全ての連絡先を一括で更新します。

インデックスに戻る


リストビューの主な使い方は。
イベントやタスクを一覧で見たいときに使用します。フィルター(抽出)と並べ替え機能を持っていますので、さまざまな角度から(例:プロジェクトXの推移を日付順で並べて)見ることが可能です。

インデックスに戻る


リストビューとテーブルビューの右ボタンクリックで現れる「クリップボードにコピー」の使い方は。
選択している要素の内容をクリップボードにコピーすることができますので、ワープロソフトや表計算ソフトで活用することができます。

インデックスに戻る


1年以上前の日付を表示するには。
設定画面において過去の表示年数を増やすことで1年より前の日付でも表示することが可能です。ただし表示年数を増やすと処理が遅くなります。

インデックスに戻る


2年以上未来の日付を表示するには。
設定画面においての表示年数を増やすことで最大3年先の日付まで表示することが可能です。ただし表示年数を増やすと処理が遅くなりますので、ご注意ください。

インデックスに戻る


遅いPCの場合は。
設定画面においての表示年数範囲を絞る(過去1年、未来1年)ことで幾分速度が速くなります。

インデックスに戻る


複数のMameoのデータを切り替えるには。
MameoはMameo.exeのあるフォルダの下にDataという名のデータ用フォルダを作成します。Mamoe.exeの起動オプションでこのデータフォルダを変更することができます。
例えば
Mameo.exe User1 で起動すると、フォルダ User1 の下にデータが作成されます。

インデックスに戻る


パスワードヒントの使い方。
パスワード設定時にヒント質問とその答えを登録しておけば、万が一パスワードをお忘れになっても、Mameoがパスワードを表示してくれます。 例えばあなたが、パスワード設定時にヒント種類として「母方の祖父母の性は?」を選択し、その答えに「鈴木」と入れておいたとしましょう。パスワードを忘れたのとき、ヒント表示をチェックすると、ヒント種類とその回答を指定できます。ヒント種類で「母方の祖父母の性は?」を選び、回答として「鈴木」を入れて「参照」ボタンを押すとMameoが登録してあるパスワードを表示してくれます。

インデックスに戻る


左クリックポップアップ使用時、ポップアップまでのタイムラグを設定するには。
ポップアップするまでのタイムラグは、コントロールパネルの「マウス」の「ダブルクリックの速さ」と連携しています。ポップアップを早くしたり、遅くしたりするには、この「ダブルクリックの速さ」を変更してください。

インデックスに戻る


  Copyright(c) 2003-2004 CoolBeanWorks